自分でもできる蛇口の水漏れの水道修理

水道はトイレやお風呂、キッチンといった様々な場所にあります。蛇口からしたたる水漏れは非常に厄介なもので、一晩で洗面器何杯もの水がたまる事もあります。また、したたる水音は耳障りで、夜中にこの水音が気になってしまう方もいらっしゃる事でしょう。トイレの交換といった大きな修理もありますが、蛇口からの水漏れであれば自分でも直す事が可能で、必要なパーツと工具さえあればどなたでも簡単に修復可能です。

■タイプで異なる蛇口の水道修理

最近は、お洒落なアイランドキッチンやシステムキッチンなども見られるようになり、キッチンがインテリアの一部としてみなされることも多くなってきました。同時にお洒落な給水栓も見られるようになり、指先ひとつで簡単にお湯の出る蛇口が人気を呼んでいます。蛇口には、昔ながらのひねる方式で水の出るバルブタイプと、シングルレバー水栓、お風呂のシャワーなどに使われるハンドタイプの給水栓があります。普通の蛇口タイプでは、交換パーツとしてケレップやUパッキンが使用されますが、シャワーなどではセラミックカートリッジなどのバルブが使用されています。また、台所や洗面所などで見かけるシングルレバー水栓の、蛇口本体と一体型となっているスパウト部分には、メーカーによっても様々な細かなパーツが使用され、説明書をよく確認しないと分からない場合もあります。

■簡単にできる蛇口の水漏れパーツ交換

一般的な水道の蛇口の交換パーツは、ケレップやUパッキンが使われています。交換方法は、まず止水栓を止めてしまい、水が漏れない状態で行います。またシングルレバーは、セラミックカートリッジタイプの場合は、バルブカートリッジのゴムパッキンを交換するだけで水漏れを改善する事ができます。比較的、多くの部品が使われているのは、スパウトタイプのシングルレバー水栓ですが、主な交換パーツとして、バルブカートリッジの下にあるパッキンとスプリング部分、クランクパッキンや根元部分にあるパッキン付きの馬蹄座金組の三カ所があります。いずれかの場所で、水漏れを起こしている可能性が高いので、実際に確認してみましょう。品番や型番さえわかれば、メーカーで部品を調達する事も可能です。

■まとめ
水漏れなどの水道修理の際には、パーツ交換であれば自身での交換作業も行うことができます。ただし、特殊なタイプなどは、ホームセンターなどでも置いていない場合が多く、品番や型番を確認して取り寄せることになります。面倒に思われる方は、専門の業者に依頼するのが、最も確実な方法です。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ