水道蛇口のタイプで異なる漏水の原因と修理方法

蛇口からの水漏れは、前日までには何も異常がなかったのに、いきなり漏水が始まってしまうことが多いものです。蛇口周辺からの水漏れは、給水栓のタイプによっても異なるので、それぞれで対応措置が違ってきます。最近では、利用者にとても使いやすいタイプの給水栓も見られるようになり、交換も含めて検討する余地がありそうです。

■給水栓のタイプで違う漏水と修理

家の建て替えやリフォームの際に、蛇口などの給水機を見る機会も多いと思いますが、種類の多さに驚かれる方も多いのではないでしょうか。老朽化などの原因によって、水道の水漏れの箇所として比較的多いのが、こうした給水栓の水漏れです。しかし、メーカーや機種によっても、給水栓のタイプは大きく異なり、漏水の箇所や修理も異なってきます。給水栓のタイプは、大きく分けると蛇口をひねって水を出すバルブタイプ、片手で簡単に給水止水のできるシングルレバータイプ、片手で利用できるシャワータイプの給水栓などがあります。これらは、水が漏れる個所がそれぞれに異なり、シングルレバータイプなどは、カートリッジが内蔵されており、一般の蛇口をひねるバルブタイプとは大きく構造が異なっています。

■便利で使い勝手の良い蛇口 交換がおすすめ

漏水による水道の修理で、比較的多いのが蛇口からの水漏れです。多くの蛇口は、カートリッジ部分やパッキンなどといったパーツ交換で、簡単に修理が済むことも多いものですが、古くなり交換をお考えの方であれば、新しいものに取り換えるといった選択肢があります。新しいタイプの給水栓は、安全に飲料水として活用していただける浄水機能付きの給水栓や、泡立つシャワー付きで水はねを防ぐ給水栓などがあり、節水効果もかなり期待できます。また、台所など、温水管が配置されてるのであれば、分岐している配管を一つにまとめ、一つのレバーで簡単に温水と冷水を使い分けられる給水栓に取り換えるのがお勧めです。こうした蛇口の交換作業は、DIYによって自分で取り付けることも可能ですが、手間を考えれば水道 評判の良い業者に頼むのが一番といえます。24時間対応してくれる業者もあるため、早めに相談しましょう。

■まとめ
蛇口のタイプには、さまざまな種類があり、メーカーや機種によって漏水の原因と修理方法は異なるものです。最近では、お洒落なキッチンも随分と増えてきた為、蛇口の水漏れもやや複雑になってきています。簡単な水漏れであれば、自分でもパーツ交換はできますが、場合によっては専門家の手に任せた方が早く済みます。夜間にトラブルが起きる場合もありますが24時間対応可能な業者であれば安心して任せられます。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ