水道の蛇口や水栓修理のパーツ交換

最近では、水道の蛇口や水栓の部品交換が簡単に行えるよう、ホームセンターなどでも修理パーツが売られるようになってきました。排水管 水漏れや蛇口からの水漏れなどさまざまなトラブルがありますが、簡単なパーツ交換やつまりなどの対処であれば、女性の方でも手軽に行うことができますので、挑戦してみてはいかがでしょう。一度交換の手順さえ覚えておけば、2回以降は簡単に作業が行え、水漏れにも慌てずにすむでしょう。

■一般的な蛇口や水栓のパーツ交換の手順

一般的に、ただひねるだけの蛇口ならパーツと工具さえあれば、どなたでも簡単に修理が可能です。一般的な給水栓はバルブタイプと呼ばれるもので、主な交換個所は胴体の給水口にあるUパッキンとケレップと呼ばれる部品です。ケレップは、コマパッキンとも呼ばれる部品で、形状がコマのような形をしています。まず工具としては、モンキーレンチやウォーターポンププライヤーと、ドライバーセットなどが最低限必要になります。部品交換の手順としては、止水栓を止めハンドルを取り外すとナットが見えますので、三角パッキン・スピンドルの順に外していき、その中にあるケレップを取り外して交換します。メーカーによって、サイズが異なりますので、部品がない場合はケレップを取り外して、そのままホームセンターで大きさを確認するとよいでしょう。

■バルブカートリッジの交換修理の手順

最新のキッチンでは、ハンドシングルタイプの水道が主流となっています。これらハンドシングルタイプは、構造も以前の蛇口タイプとは異なり、複雑になっていますがパーツさえそろえば、パッキン交換も可能です。多くの水漏れは、バルブカートリッジを交換することで、水漏れを直す事ができます。バルブカートリッジの交換方法は、レバー部分を取り外し、留め具やカバーのナットなどを外します。この中にカートリッジが入っていますので、新しいものに交換しましょう。交換すれば、逆の手順で組み立て直すだけで完了です。注意する点として、メーカーや製品によって、部品のサイズが異なるところです。その為、交換用の部品を入手する為にも、メーカー名とパッキンの型番だけは控えておきましょう。

■まとめ
蛇口からの水漏れは、部品さえ揃える事が出来れば、工具一つでどなたでも直す事ができます。ただし、サイズが異なっていれば、せっかく交換しても水漏れが改善されない場合もあります。したがって、パッキンなどの交換部品は、必ず同じサイズのものを用意しておくのが修理の基本となります。つまりや他の原因の場合もあるため、しっかりと確認して修理を行いましょう。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ