リフォームによる水道配管と修理の流れ

最近では、中古アパートや中古の一軒家などを購入し、リフォームによって賃貸として貸し出すといったスタイルの投資も増えてきました。ここで注意しておきたいのは、リノベーションやリフォームを行う際に、内装や外装のチェックよりもまず、水周りに気を配る必要があるというところです。排水管や給水管のほとんどは、地下に埋設されている為、水道 修理などを後回しにしてしまうと2度手間にもなりかねません。

■早めの配管はコストの削減につながる

本格的な配管には、専門的な知識が必要で、給水装置主任技術者や排水設備主任技術者といった、専門の国家資格が必要となってきます。リフォームやリノベーションを考えた場合、外装や内装の工事のほかに、配管の引き直しが理想的と言われています。その理由として、水周りは常に水にさらされている為、非常に傷みやすく15年以上経つ家屋のほとんどが、水周りに何らかの傷みが生じている可能性が高いからです。個別でこうした水周りの工事を行った場合、工賃が気になるところですが、リフォームなどを依頼した工務店に相談すれば、同時に修理を行ってくれますので、一度で工事を行えることになり、料金を抑えることにもつながります。また、日程的にも、ほぼ同時進行で行われますので、工事日程も短縮される事になります。

■水道管の取り換えと修理の流れ

水道管の敷設工事は、状況によって規模も大きくなる事も多く、未然のトラブルを避ける為にも、工事を行う前にご近所のあいさつは必ず行っておきましょう。また、マンションなどの集合住宅の場合、作業員がエレベーターを使い、頻繁に出入りすることになりますので、管理会社への連絡を行っておきます。大規模な工事の場合、完全に水を止めパイプ内に水がない状態で工事が行われます。すべてのパイプの交換が終了したのち、初めて水の使用が可能となりますが、この時気をつけておきたいのは、最初は赤水が出る可能性が高いということです。赤水は飲み水として不適切なことはもちろん、追いだき機能のある風呂がまを傷つけてしまう恐れがありますので、赤水が出なくなるまで水を出しておきます。

■まとめ
排水管や給水管など、タイプ交換の目安は約15年です。特に、中古物件などを購入した際には、ほとんどが建てられて15年経過している場合が多く、たとえ築10年程度であっても、早めに手を打っていた方が料金面でもコストダウンにつながります。また専門の業者に依頼すれば、タイプの検査などを行ってくれます。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ